いつもの話だが、米兵が実弾所持で逮捕される。で、その後どうなったかは我々には知らされない件。

f:id:ospreyfuanclub:20180716235558p:plain

 

いつもの話だ。

 

キャンプシュワブの海兵隊員が銃弾をスーツケースに入れたまま入国し、那覇空港で逮捕された。

 

年に何度も何度も繰り返される

米兵による銃弾の持ち込み。

 

沖縄県内では銃弾を持ってうろうろしても見つかる機会はほとんどない。

 

ただ「運悪く」空港のセキュリティーチェックに引っかかった、というわけだ。

 

法律通り、一応逮捕はされるが、

 

我々にその後、逮捕された米兵がどのような処遇を受けたかを伝える報道はない。

 

だから、米軍の純機関紙『星条旗新聞』が、有罪判決を受ければ最長一年間の懲役、あるいは五十万円の罰金、と伝え、いかにも日本の『火薬類取締法』が米兵に厳しいかのような書き方だが (笑)。

 

さーあ、どうだろな。

 

どっちみち、米兵をお縄にしても、起訴などされない。ザルのように「特別な」抜け穴やドコデモドアからするりと抜けだしてているのではないか。

 

その後どうなったかも、我々には知らされていないし、知りようもないのだ。

 

Camp Schwab Marine arrested at airport on Okinawa after bullet found in luggage

- Stars and Stripes July 12, 2018

 

CAMP FOSTER, Okinawa — A Camp Schwab Marine was arrested after a rifle bullet was found in his bag at Naha Airport, Japanese police said.

Master Sgt. Christopher Oletski, 37, was taken into custody at a domestic terminal security checkpoint at approximately 9:45 a.m. Monday after the bullet was found, a Tomigusuku police spokesman said.

Oletski later acknowledged the bullet was his and said he must have forgotten to remove it from his luggage before traveling, the spokesman said.

Oletski was released Tuesday and the case sent to the Naha District Public Prosecutor’s Office, the spokesman said. He will be charged with violating Japan’s Explosives Control Act, and if convicted, he faces up to a year imprisonment or as much as $4,456.59 (500,000 yen) in fines.

Police officials said this type of incident happens too frequently and urged U.S. servicemembers traveling in Japan to be vigilant.

“We cannot stress enough to please check all your pockets and compartments in your luggage before departing your home,” the police spokesman said. “You are in Japan, and Japan has much more strict rules than your country.”

news@stripes.com

 

<グーグル試約をここにのせておく

キャンプ・シュワブ海兵隊員は、那覇空港の鞄に銃弾が発見された後、逮捕されたという。

豊見城署によると、一等曹長クリストファー・オレットスキー氏(37)は、銃弾が発見された後、月曜日午前9時45分ごろ、国内のターミナルセキュリティチェックポイントで拘束された。

Oletskiは後に彼の弾丸であることを認め、旅行前に荷物から荷物を取り除くことを忘れていたに違いないと述べた。

同紙によると、オレットスキー氏は火曜日に釈放され、那覇地検に送付されたという。彼は日本の爆薬規制法に違反して告発され、有罪判決を受けた場合、最長1年間の懲役または4,456.59ドル(50万円)の罰金に処する。

警察当局者は、この種の事件は頻繁に起こり、日本を旅行している米国の駐在員は警戒を要請されたと述べた。

警察のスポークスマンによると、「自宅を出る前に、荷物の中のポケットやコンパートメントをすべて確認してください。 「あなたは日本にいて、日本はあなたの国よりもずっと厳しい規則を持っている」

 

今回のキャンプシュワブの海兵隊の事件は、

国内メディアは逮捕報道すらしていない。

 

6月には、キャンプシュワブの流弾事件があったばかりだが。

 

ospreyfuanclub.hatenadiary.com

 

www.stripes.com

周辺自治体への通告なし ! オスプレイが所沢市の通信基地に離着陸。数日前には横田&厚木基地でCV22オスプレイの国内初訓練

f:id:ospreyfuanclub:20180703222204p:plain

 

一切の通告なし !

 

さあ、

これは「こてだめし」なのだろうか。

 

いつもの無通告。

そんなことをやり始めましたよ、本土でも。

 

6月28~29日、

米軍横田基地(東京都)と米軍厚木基地(神奈川県)の現場で、周辺自治体の通告なくCV22オスプレイの国内初訓練を実施。旋回飛行や「タッチ・アンド・ゴー」が目視された。

 

7月2日

一切の事前説明なく県内市街地の上空を飛行し、所沢市並木にあるアメリカ軍の通信基地にオスプレイが着陸、数分後に離陸

 

言っておくが、

これは始まりにすぎない。

 

この安倍政権のもとで、米軍がどのように横暴にふるまい始めたか、私たちは今まさに目撃している。

 

米軍が最初に沖縄で好き放題をやらかしていた時、多くの人々は声をあげなかった。沖縄で起こっていることを対岸の火事のように遠い目で眺めていた。

 

しかし、他人事だとおもって後回しにしてきたことが、自分の身に押し寄せてくる。そういうものだ。
 

www.facebook.com

 

無通告訓練 抗議せよ/米空軍オスプレイ 防衛省に要求

2018年7月3日(火)

日本共産党の宮本徹衆院議員、山添拓参院議員らは2日、国会内で防衛省に対し、米空軍特殊作戦機CV22オスプレイの国内初訓練が米軍横田基地(東京都)周辺自治体への事前通告なしに実施されたことに抗議し、中止させるよう要求しました。

 防衛省地方協力局地方調整課によると、6月28、29両日、同基地と米軍厚木基地(神奈川県)の現場で同省職員がオスプレイの離着陸を目視したといいます。

 しかし、詳細については「米側から『運用に関することであり回答できない』と説明があった。引き続き情報提供を求めている」と述べました。

 宮本氏は、監視活動をしている住民らが旋回飛行や「タッチ・アンド・ゴー」の訓練を確認したと指摘し、「事故など繰り返しているオスプレイの訓練に、地元住民は到底納得できない。無通告での訓練開始に対して、日本政府として抗議すべきだ」と要求しました。

 山添氏も「米軍側に情報提供を求めても、これまで何も得られていない。米軍の判断次第であり、やりたい放題になっている」と批判。横田基地へのオスプレイ配備計画は、国際情勢の変化への逆行だとして中止を強く求めました。

 

 

埼玉に米軍オスプレイ着陸、事前説明ないと県が国に抗議 TBS NEWS

 

 2日夜、埼玉県所沢市アメリカ軍の基地にオスプレイが着陸していたことが分かりました。埼玉県などは事前に説明がなかったことから、国に対して抗議しました。

 埼玉県などによりますと、2日午後6時20分ごろ、所沢市並木にあるアメリカ軍の通信基地にオスプレイが着陸しました。目撃した所沢市の職員によりますと、オスプレイは着陸後、数分で離陸したということです。

 

 県や関係自治体で構成される埼玉県基地対策協議会はオスプレイの飛行について事前に説明を受けていなかったため、「一切の事前説明なく県内市街地の上空を飛行し、通信施設に離着陸したことは大変遺憾である」などとして、国に抗議するとともに、離着陸した目的などについて説明を求めました。埼玉県内にオスプレイが着陸したのは今回が初めてとみられます。

 

いや、これはありえんだろ。

名護市数久田、キャンプ・シュワブの近くの農業小屋に銃弾 !? 窓ガラス二枚が割れ散乱 - 基地周辺は本当に安心なのか

f:id:ospreyfuanclub:20180622133620p:plain

 

また、こうやって、

 

米軍基地の外側に実弾が飛んでくる。いったいどんな訓練をやっているのか、うかがい知ることもできないが。

 

そうして、これまでも何度も何度も何度も、実弾訓練による山火事でやんばるの自然が消失する。

 

今回はなんと、農作業小屋の窓ガラスが二枚も割れ、ガラスが散乱。五センチ程度の銃弾が発見された。

 

またか住民恐怖 ガラス割れ壁に傷 「自分がいたら」頰こわばらせ 名護・農園に「流弾」 - 琉球新報

f:id:ospreyfuanclub:20180622133833p:plain

 

そうして、米軍はどう対応するのか。

 

よもや、この流れ弾騒ぎすら、「自作自演」と騒ぎ出す米軍愛の売国ネトウヨが湧いてきたりするのだろうか。

 

本土のみなさんに、しっかり見ていただきたい。ひとつひとつの出来事、ひとつひとつの米軍と日本政府の対応を。

 

f:id:ospreyfuanclub:20180621223738p:plain

 

そして、考えてほしい。

 

県内で、あっちのものをこっちに移し、最新鋭の基地を作る、それがなんの基地負担軽減なのか。

 

5センチの銃弾のようなもの見つかる 名護市数久田

琉球新報

2018年6月21日 18:50

f:id:ospreyfuanclub:20180621223402p:plain

 

 【名護】21日午後2時2分ごろ、名護市数久田の農業小屋に銃弾のようなものが落ちているのを、所有者が見付け県警に通報した。

 数久田は米軍キャンプ・シュワブに隣接し、同基地では実弾演習も実施されている。

 

 名護署によると、現場はマンゴー農家で小屋のガラスが2枚割れていた。

 

 人的被害は確認されていない。銃弾のようなものは長さ約5センチ。県警は現場を規制し、調べている。

 

 所有者の男性(43)は「まさかなーと思った。普段から射撃の音が聞こえている。最初に小屋を見た時、窓ガラスが割れて周辺に散らばっていた。管理された安全な場所だと思っていたので再発防止を求めたい」と話した。【琉球新報電子版】

 

 

銃弾で現場検証 米軍の可能性も|NHK 沖縄県のニュース

f:id:ospreyfuanclub:20180622124546p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが在沖海兵隊 - フェンス越しに県民に銃口をむける米兵、それで「実弾ないので心配いらない」とは !? - Osprey Fuan Club

f:id:ospreyfuanclub:20180621224810p:plain

 

 

「軍民共用」の那覇空港、空自F15倍増で過密化がまねく「ぎりぎり運用」 - F15戦闘機2機、那覇空港で管制指示に反し滑走路に進入 → 重大インシデントに

f:id:ospreyfuanclub:20180617014828p:plain

 

恐ろしい話だ。

なぜこんなことが起こるのか。

 

航空自衛隊F15戦闘機2機が、那覇空港で管制指示に反し滑走路に進入、わずか五キロ手前で管制側が民間機に着陸許可を取り消すことに。

 

空自機が管制官の指示を適切に把握できなかったとは、いったいどういう事なのか !

 

 航空自衛隊F15戦闘機が那覇空港で管制指示に反して滑走路に進入し、民間機の着陸が取り消されたトラブルで、空自機が管制官の指示を適切に把握できなかったことが16日、空自那覇基地への取材で分かった。

空自F15、管制指示把握できず 那覇空港、安全委が聞き取りへ|【西日本新聞】

 

< 追加情報 >

 

f:id:ospreyfuanclub:20180617124154p:plain

同基地によると、滑走路に進入したのは2機で、エンジンの排気熱を避けるように前後に並んでいた。進入した原因について先頭のパイロットは管制官の指示を適切に把握できていなかった」、後続のパイロットも「先頭に続いて進入したため指示を聞き逃した」と話しているという。同基地は「調査で明確にしていきたい」とコメントした。

空自2機、管制官の指示把握せず滑走路へ 那覇空港 | 沖縄タイムス

 

管制官の指示が把握できてない!?

なんという恐ろしい事態だ !

事故の一歩手前だ !

 

那覇空港の自衛隊機進入、重大インシデントに

TBS NEWS

 沖縄の那覇空港で14日、旅客機が着陸しようとしていた滑走路に自衛隊機が管制官の指示に反して進入していたことがわかり、国土交通省重大インシデントに認定しました。

 

 国土交通省によりますと、14日午後8時半ごろ、那覇空港航空自衛隊の戦闘機2機が管制官の指示に反して滑走路に進入したため、管制官は5キロ手前で着陸しようとしていた琉球エアーコミューターの旅客機の着陸許可を取り消しました。旅客機は自衛隊機が滑走路を離れた後、再び着陸の許可を得て着陸しました。

 

 国土交通省は事故につながりかねない重大インシデントに認定、運輸安全委員会の調査官が現地に入り原因を調査するとしています。

 

昨年1月30日には、那覇空港で空自のF15戦闘機が前代未聞の脱輪事故をおこした。そのちょうど1年前沖縄タイムスはこうした事態を予見するかのような記事を出している。

 

空自F15戦闘機を倍増 那覇空港の過密化は大丈夫か

沖縄タイムス+プラス

2016年1月31日 09:55

  • 南西地域の防衛強化で航空自衛隊の第9航空団が31日に発足する
  • 福岡・築城基地から約20機のF15が那覇空港に移駐。過密化に懸念が
  • 発着数や緊急発進が増加傾向で、1本の滑走路でぎりぎりの運用に

f:id:ospreyfuanclub:20180617022759p:plain

 

 南西地域の防衛体制の強化に向けて、航空自衛隊那覇基地のF15戦闘機を2飛行隊化し、約40機で組織する第9航空団が31日、発足する。約50年ぶりの航空団編成に中谷元・防衛相は「強化を目に見える形で示す」と期待をかけるが、主力のF15が倍増することで懸念されるのは、那覇空港滑走路発着の過密化や騒音の激化。民間機の発着数、自衛隊機の緊急発進数ともに増加傾向が続き、「軍民共用」1本の滑走路は、ぎりぎりの運用を迫られることになりそうだ。

 民間機と自衛隊機が共同使用する那覇空港の発着回数は1995年度に10万回を超え、観光客の伸びに合わせて増加が続き国際線、国内線合計で2014年度は15・5万回。自衛隊機の発着回数は公表されていないが、中国機などに対する緊急発進(スクランブル)はここ数年急増し、14年度は468回だった。

 国土交通省大阪航空局那覇空港事務所は、F15の倍増に「単純に訓練が2倍になるわけではないと聞いているが、緊急発進は最優先での滑走路利用が求められる」と話す。

 那覇空港第2滑走路の増設にあたり、沖縄総合事務局国土交通省大阪航空局が13年に県などに提出した環境影響評価(アセスメント)の評価書では、自衛隊機の年間飛行数は30年度に2万9639回と10年度の2万4466回の1・2倍になると想定している。そのうち今回の部隊編成も踏まえたF15の飛行数は、30年度に1万4805回と10年度比1・6倍になる見通し。第2滑走路は19年度末に完成予定で、観光客と民間機利用のさらなる増加が見込まれる。

 第9航空団は、これまでの83航空隊を廃止し、築城基地(福岡県)のF15約20機を那覇に移駐して新編される。中期防衛力整備計画(11~15年度)に盛り込まれ、12年度から施設整備などを進めてきた。

 

滑走路が一本しかないというのに、

 

観光立県の沖縄の空の入り口は、同時に容赦なく押し付けられていく自衛隊配備の空の拠点でもあるという、このヤヌスのような状況。

 

で、どちらが優先されるべきか、問うまでもない。

 

那覇空港は、

県民の空の窓口だ。

戦争の戸口であってはならない !

 

 

 

2017年7月26日

大田元知事の県民葬に来沖した安倍総理。朝まで晴天だった空は大雨と雷で鳴動、那覇空港F15戦闘機がまき散らしたガラスの破片で一時間閉鎖となる。

ospreyfuanclub.hatenablog.com

2017年1月30日 

空自 F15 戦闘機が前代未聞の脱輪事故、民間機の欠航が相次ぐ - 那覇空港那覇空港は誰のためにあるのか

ospreyfuanclub.hatenadiary.com

嘉手納基地所属F15戦闘機、那覇市沖80キロの海上に墜落! - つい2週間前にも緊急着陸 !

f:id:ospreyfuanclub:20180611103600p:plain

 

いつまでこんな恐怖を続けるのだ !

 

那覇市沖80キロの海上に墜落。

 

F15 の最高速度は 2,665 km/h を越えるともいう。なら、もう那覇市80キロの沖合など、1~2分、目と鼻の先の差でしかない。

 

ジェット燃料を搭載した鉄の塊、その暴走する機体が、突っ込んでくる先が、それが、海上とも、陸上とも、そして、市街地とも、あるいは子供たちの学び舎とも限らないじゃないか !

 

事故続きだ。

 

ついも嘉手納の F15 は緊急着陸している。いったい米軍はどうなっているのか。

 

ospreyfuanclub.hatenadiary.com

 

今朝、6時20分ごろに目が覚めたのだが、嘉手納基地のある方向から、ゴオオオオーっという戦闘機の音が轟いていた。日米両政府が合意している米軍機の飛行開始時間は、午前6時からだ。

 

 

その後に発生した事故なのだろう。今朝、午前6時25分ごろ、米空軍のF15戦闘機が那覇沖で墜落した、とのことだ。

 

今のところ、操縦士は救助され、すでに米海軍病院に搬送されたようだ。

 

日米両政府は、無理な安全保障体制を維持し続けているのではないだろうか。

 

在日米軍の能力をはるかに超えた体制を現場に強いているのではないだろうか。

 

米国が軍事費の予算削減をしているなか、現場に、沖縄に、しわ寄せがきている。

 

嘉手納基地には、暫定的にF-22戦闘機の飛行部隊が駐留し始めており、

 

しかも、北朝鮮の船舶を監視するという目的で、「国連軍」の偵察機なども暫定的に離着陸している。

 

嘉手納基地は、過密状態だ。

 

これの、どこが沖縄県民の負担軽減になるというのか。

 

日米両政府は、無理な安全保障体制を維持し続けるのではなく、

 

真面目に自国民の安全を確保する手立てを考えるべきだ。

 

 

那覇沖で米軍機墜落 パイロット大けが

 NHKニュース 2018年6月11日 8時57分

 

那覇沖で米軍機墜落 パイロット大けが

 

沖縄のアメリカ軍嘉手納基地に配備されているF15戦闘機が11日朝、那覇市沖の海上に墜落し、緊急脱出したパイロットが自衛隊に救助されましたが、大けがをしているということです。

11日午前6時半前、沖縄のアメリカ軍嘉手納基地に配備されているF15戦闘機1機が、那覇市の南およそ80キロの海上に墜落しました。

沖縄防衛局によりますと、乗っていたパイロット1人が緊急脱出して、その後、航空自衛隊のヘリコプターに救助されたということです。
警察によりますと、足の骨を折る大けがをしているということです。

第11管区海上保安本部が航空機や巡視船を出して詳しい状況の確認を進めているほか、沖縄県も情報の収集にあたっています。

在日米軍も墜落発表

在日アメリカ軍司令部は、午前9時すぎ、ツイッターで「F15戦闘機が、けさ早く、訓練中に沖縄本島の沖合で墜落した」と発表しました。また、「パイロットは無事救助された」としています。

沖縄県副知事「またか」

沖縄県の富川盛武副知事は、報道陣に対し、「またかという感じで憤りしかない。県民からの不安の声は当然あると思うし、今から会議を開いて抗議したい」と話しました。
          
沖縄県基地対策課の金城典和課長は11日午前8時半ごろ県庁で報道陣の取材に応じ「今のところ県民への被害の情報は入っていない。これから事実確認と、今後の対応を検討したい。米軍には安全面を十分に確保してほしい」と話しました。

嘉手納配備のF15 過去にも事故

アメリカ軍嘉手納基地がある嘉手納町などによりますと、基地には去年3月の時点でF15戦闘機54機が常駐しているということです。

基地のF15戦闘機は、過去にも墜落事故が起きていて、5年前の平成25年5月に沖縄本島北部の国頭村の東およそ60キロの海上に墜落したほか、12年前の平成18年にうるま市伊計島の東およそ70キロの海上に墜落しました。

いずれもパイロットは墜落の直前に脱出していて、命に別状はありませんでした。

このほか部品の落下なども相次いでいて、ことし2月に重さおよそ1.4キロのアンテナが落下したほか、去年5月には重さおよそ2キロの部品が落下しました。いずれも、けが人はいませんでした。

 

www.airforcetimes.com

 

事故ばかりおこしている。

 

先日もニコルソンがこう言っていたが、

言った先から事故をおこす。

 

f:id:ospreyfuanclub:20180611110541p:plain

 

なにが事故は減っているだ?

異常に多すぎるんだよ。

うるま市の海上自衛隊沖縄基地所属の海佐、基準値5倍以上の飲酒で、バイクで蛇行運転

酒酔い運転容疑で海上自衛官逮捕

 

こんな命を守るための最低限の法律も守れない者が自衛官なら、本当に困る。

 

命をないがしろにし、ほんのわずかなタクシー代もケチり、法を破るなど、言語道断だ。

 

琉球朝日放送 報道制作部 Qプラス »

酒酔い運転容疑で海上自衛官逮捕

10日未明、うるま市具志川の路上で、酒を飲んだ状態で海上自衛官がミニバイクを運転し、酒酔い運転の現行犯で逮捕されました。

逮捕されたのは、うるま市に住む海上自衛隊沖縄基地隊所属の3等海佐・太田拓也容疑者(35)です。

うるま警察署によりますと、太田容疑者は10日午前0時30分ごろ、うるま市具志川の県道で、ミニバイクで蛇行運転をしていたところをパトロール中の警察官が発見。

調べたところ、呼気から通常の数値の5倍以上のアルコールが検知され、酒酔い運転の現行犯で逮捕されました。

調べに対して太田容疑者は、居酒屋で酒を飲んだと話していて、逮捕時点では正常な運転が出来ない状態だったということです。

 


 

沖縄防衛局職員が『軍用地投資入門』を出版、「いちばんのリスクは土地が返還されることです」

f:id:ospreyfuanclub:20180610215259p:plain

 

これこそ

自分の防衛局の仕事を利用し

先祖の土地を投資として基地に供し、

その土地を本土の資産家に不動産投資として進んで売り渡す。

 

 

こういう人間を何と呼ぶべきか。

 

軍用地への投資本無断出版で懲戒 沖縄防衛局職員を停職20日 - 共同通信

 防衛省沖縄防衛局は8日、軍用地への投資を勧める書籍を無断で出版していたとして、40代男性の防衛技官を停職20日の懲戒処分にしたと発表した。書籍は、公正な職務執行に対する国民の疑惑や不信を招くような内容だったと指摘。男性は9日付で依願退職する。

 沖縄防衛局によると、男性は4月24日に「お金持ちはこっそり始めている 本当は教えたくない! 『軍用地投資』入門」を出版。沖縄の米軍基地の土地を購入できることを紹介した上で、投資や運用を推奨する内容だった。必要な届け出をせずに、上司には無断で出版していた。

 

ryukyushimpo.jp

防衛職員の投資本に軍用地主ら疑問の声 「先祖の地を商品扱い」

沖縄タイムス+プラス

 沖縄防衛局の男性職員が出版した軍用地への投資を指南する本には「借地料は毎年値上がりする」「安定的で長期的な収入が見込める」などと説明し、「最大のリスクは『基地返還』」などと書かれていた。軍用地を金融商品とみなし、過重な基地負担の軽減を図る「基地の整理縮小」と逆行する内容に、地権者から疑問の声が上がった。(2面参照)

 県軍用地等地主会連合会の真喜志康明会長(71)は「われわれは先祖代々の土地を米軍に接収された。本に目を通したが、その大切な土地が投資目的で書かれていることに違和感を抱いた」と指摘。さらに、防衛局の職員が執筆していることについて「軍用地の賃貸借契約や管理を行う防衛局職員がこういうことを書いていいのか」と語気を強めた。

 2025年度以降の全面返還が予定される米軍牧港補給地区の地権者でつくる浦添市軍用地等地主会の宮城健英会長(70)は「地権者は返還跡地の開発整備がスムーズに進むことを目指している」と説明。現在約2500人の地権者がいることに触れ、「投資目的の地権者が増えれば、返還後の跡地利用について合意形成の阻害要因になるリスクがある」と懸念した。

 自身も普天間飛行場の地権者である佐喜眞美術館(宜野湾市)の佐喜眞道夫館長は「軍用地の歴史は、沖縄戦や安保の歴史と直結している。本来は軍用地があること自体おかしく、そこからお金が出ることもおかしい」。だからこそ、佐喜眞館長自身も軍用地料に「後ろめたい」と感じるという。「基地を強制している張本人である国の職員が『もうかりますよ』というのはめちゃくちゃ」と憤った。

 基地問題に詳しい沖縄国際大学の前泊博盛教授は「本を精査しないといけない」と前置きした上で、「基地を維持する側のインサイダー情報と同じだ。情報を与えて土地の価格を上昇させ、基地の依存度を増やすことにもなりかねない」と警鐘を鳴らす。「沖縄が脱基地に動くと、予算増で基地依存にシフトする政権の動きが見える。税金の使われ方を問い、軍用地取引の実態を検証する必要がある」と話した。