パラシュート降下訓練

もずくの収穫期、眼下に漁船が航行しているにもかかわらず、それでも米軍パラシュート降下訓練 - 今年に入って四度目の津堅島訓練場水域

この訓練水域ではパラシュート降下訓練は認められていない。それが協定というものだ。 パラシュート降下訓練の伊江島での移転実施に係る日米合意 (1999年10月21日) そしてまた今は眼下にたくさんの漁船も航行している。皆さんの食卓にあがる、あのもずくの収…

伊江島で降下訓練中にパラシュートが提供施設区域外に落下 - 今も島の35%を米軍に占領されている伊江島で

何度も抗議するが、私たちの意見は届かずに米軍はやりたい放題だ。 農地にパラシュート、米兵落とす 伊江、民家から50メートル 住民「やりたい放題」 琉球新報 2018年4月5日 06:30 米軍伊江島補助飛行場(沖縄県伊江村)でパラシュート降下訓練をしていた…

米軍、今年二回目の津堅島水域パラシュート降下訓練 - なぜ米軍は協定域外での降下訓練を執拗に繰りかえしているのか

パラシュート降下訓練で物資を投下するMC130特殊支援機=22日午後4時54分、うるま市津堅場訓練場水域 なぜなんだ。 今年2回目の津堅島水域パラシュート降下訓練。 なぜ、昨年から米軍は、わざと協定区域外パラシュート降下訓練を頻繁に行うように…

津堅島沖で米軍パラシュート降下訓練 - なぜ米軍は平気で協定を破るのか

なぜなんだ。 なぜ、米軍は、わざと協定区域外でのパラシュート降下訓練をやるのか。 なぜ、毎回毎回市議会や県が申し入れても、平気で、嫌がらせのようにしつこく協定を違反するのか。 米軍の真意はなにか。 誰か教えてくれないか。 琉球朝日放送 報道制作…

読谷の市街地にあるトリイ通信基地でオスプレイが米兵降下訓練 ! - 恥を知れ、節操なき米軍

読谷の通信施設で 海兵隊のオスプレイが兵士降下訓練 ! トリイステーションは 海兵隊の基地でもなければ ましてや訓練場ですらない。 なのに、なぜ次から次へと 米軍は意図的に違反を繰り返すのか? グリーンベレーの機能を強化するためか読谷周辺での動きが…

伊江島でパラシュート降下訓練の米兵2人がフェンスを大きく超えて民間耕作地に落下

お話にならない。 なぜこんな米軍のド下手な訓練のために島が「提供」されているんだ。 銃剣とブルドーザーで強制接収し核爆弾投下訓練の練習場にもされていった伊江島。 米軍は今も面積35.3%を占有している。 伊江島は小さな島だが、そこには人口4,197人の…

嘉手納基地でまた米軍が降下訓練 - 今年3回目

嘉手納基地:米軍パラシュート降下訓練強行 中止要請無視 毎日新聞 米軍は21日午前、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)でパラシュート降下訓練を実施した。15日に訓練実施を日本側に通告したが、日米両政府は1996年にパラシュート降下訓練は離島…