この9か月間に普天間基地のオスプレイ24機中2機が墜落事故。もう目覚めよ、これがオスプレイの真実だ ! 

もう、

この国は目覚めよ、

 

これがオスプレイの真実だ ! 

 

この9か月間に

普天間基地オスプレイ24機中

2機が墜落事故をおこした。

緊急着陸も多数。

 

アメリカのティルトローター型輸送機、

そう、輸送機ごときで血道をあげて

これだけの事故率、

 

そんなものを沖縄に

そして国民に押しつけるな !

 

沖縄副知事「やっぱりか」=豪州でオスプレイ墜落  

時事通信

  米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機オスプレイがオーストラリア東部沖で墜落したことについて、同県の富川盛武副知事は5日夜、時事通信の取材に対し、「オスプレイは墜落の危険性が大きいと言われており、『やっぱりか』という思いだ。遺憾千万だ」と語った。

 同日夜、在沖縄米軍トップのニコルソン四軍調整官から電話で事故の概要について説明があり、墜落だと伝えられたという。翁長雄志知事はオスプレイの配備撤回を主張しており、県は事故の詳細が判明次第、正式に抗議し、負担軽減の実行を求める方針だ。 (了)

 

今朝の沖縄タイムス朝刊から第一面

f:id:ospreyfuanclub:20170806073627p:plain

 

f:id:ospreyfuanclub:20170806074654p:plain

 

今回の事故は、沖縄普天間基地から12機がタリスマンセーバーに参加していたなかでのこと。タリスマンセーバーとは、オーストラリアとアメリカの共同演習で、今年7月から行われていた演習では日本やニュージーランドやカナダも参加している。

 

朝日新聞

 

在沖縄米軍のオスプレイ墜落 豪州で訓練中、3人不明

2017年8月5日23時22分

http://digital.asahi.com/articles/photo/AS20170805003144.html

 沖縄を拠点とする米海兵隊の垂直離着陸機オスプレイMV22が5日午後4時(日本時間午後3時)ごろ、オーストラリア北東部沿岸で訓練中に墜落した。米海兵隊によると、搭乗していた26人のうち23人が救助されたが3人が行方不明で捜索が続けられている。

 事故機は、キャンプ・ハンセン沖縄県金武町)に司令部がある第31海兵遠征部隊の所属。海兵隊米本土以外で唯一、常時前方展開している沖縄の第3海兵遠征軍の機動部隊だ。米豪の合同演習「タリスマン・セーバー」に参加するため、現地を訪れていた。

 豪国防省の発表によると、墜落地点はクイーンズランド州ロックハンプトン近くのショールウォーター湾とされる。豪紙デイリー・テレグラフ(電子版)は豪国防省筋の話として、事故は米空母ロナルドレーガンに着艦しようとした際に起きたと報じた。事故原因は不明で、第3海兵遠征軍はツイッターで「分かり次第、より詳細を提供したい」と伝えた。

 

写真・図版

 

米海兵隊によると、強襲揚陸艦ボノム・リシャールから船や航空機を出して救助作業をしている。

オスプレイは2012~13年にかけて米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に24機が配備され、陸上自衛隊も配備する計画だ。

 ただ開発段階から事故が相次いでおり、構造上の問題を指摘する意見もある。00年には米アリゾナ州で墜落し、19人が死亡。15年5月には米ハワイ州オアフ島で訓練中に着陸に失敗し、海兵隊員2人が死亡した。

 国内では昨年12月、沖縄県名護市沿岸で大破する事故を起こした。沖縄県は事故から1週間足らずでの飛行再開に「拙速だ」と強く反発した。

 また米海兵隊オスプレイは10~28日、北海道で陸上自衛隊との日米合同訓練に参加する。道内の訓練に参加するのは初めてで、地元では安全性を懸念する声が強まりそうだ。

 訓練は北海道大演習場(恵庭市千歳市など)、上富良野演習場(上富良野町など)、矢臼別(やうすべつ)演習場(別海〈べつかい〉町など)の3カ所で実施される。市民団体「北海道平和運動フォーラム」(札幌市)は1日までに、北海道防衛局と道、演習場に隣接する各市町村に対し、訓練の中止を求めて文書で申し入れている。また道と演習場の地元9市町は3日、安全管理の徹底などを求める要請書を北海道防衛局に提出した。

陸上自衛隊が導入するオスプレイをめぐっても、佐賀空港への配備計画について地元漁協が事故などを懸念して反対している。(シドニー=小暮哲夫、ワシントン=土佐茂生)

 

ospreyfuanclub.hatenablog.com

 

 

米軍に感謝しないといけないらしい(怒) - Osprey Fuan Club

海外では「墜落」と報道される - Osprey Fuan Club

県は墜落と認定 - Osprey Fuan Club

欠陥輸送機に血道をあげるオスプレイ神話、なぜなのか - Osprey Fuan Club

海兵隊のお願い - Osprey Fuan Club

米軍オスプレイが民間住宅真上でつり下げ訓練の顛末 - こんな政権を容認しているのは、いったいどこの誰なんだ ! - Osprey Fuan Club

墜落など無かったような顔で空中給油 - Osprey Fuan Club

「波で機体がバラバラ」論がまことしやかに - Osprey Fuan Club

 

星条旗新聞

3 US Marines missing after aircraft crashes off Australia

Stars and Stripes

By ASSOCIATED PRESS Published: August 5, 2017

SYDNEY — Search and rescue operations were underway for three U.S. Marines who were missing after their Osprey aircraft crashed into the sea off the east coast of Australia on Saturday while trying to land.

Twenty-three of 26 personnel aboard the aircraft have been rescued, the Marine base Camp Butler in Japan said in a statement.

The MV-22 Osprey involved in the mishap had launched from the USS Bonhomme Richard and was conducting regularly scheduled operations when it crashed into the water, the statement said. The ship's small boats and aircraft immediately responded in the search and rescue efforts.

The Osprey is a tilt-rotor aircraft that takes off and lands like a helicopter, but flies like an airplane. They have been involved in a series of high-profile crashes in recent years.

The aircraft was in Australia for a joint military training exercise held by the U.S. and Australia last month in Shoalwater Bay. The Talisman Sabre exercise, a biennial event between the two nations, involved more than 30,000 troops and 200 aircraft.

Australian Defense Minister Marise Payne said Saturday's incident occurred off the coast of Shoalwater Bay in Queensland state.

"I can confirm no Australian Defence Force personnel were on board the aircraft," Payne said in a statement. "The United States are leading the search and recovery effort."

Payne said she had spoken with U.S. Defense Secretary Jim Mattis "to offer Australia's support in any way that can be of assistance."

The White House said that President Donald Trump was briefed on the matter by his chief of staff, John Kelly.

In 2015, a U.S. Osprey crashed during a training exercise in Hawaii, killing two Marines. Last December, a U.S. military Osprey crash-landed off Japan's southern island of Okinawa. Its five crew members were rescued safely. And in January, three U.S. soldiers were wounded in the "hard landing" of an Osprey in Yemen.

 

第31海兵隊遠征部隊の緊急発表から

31st Marine Expeditionary Unit MV-22 Osprey mishap III Marine Expeditionary Force Press Releases

August 5, 2017
MARINE CORPS BASE CAMP BUTLER, Okinawa, Japan - Search and rescue operations continue for three U.S. Marines that were aboard an MV-22 Osprey involved in a mishap off of the east coast of Australia around 4:00 p.m. Aug. 5. Twenty-three of 26 personnel aboard have been rescued. The MV-22 was assigned to Marine Medium Tiltrotor Squadron 265 (Reinforced), 31st Marine Expeditionary Unit. The aircraft involved in the mishap had launched from the USS Bonhomme Richard (LHD 6) and was conducting regularly scheduled operations when the aircraft entered the water. The ship's small boats and aircraft immediately responded in the search and rescue efforts. The 31st MEU is currently operating with the Bonhomme Richard Expeditionary Strike Group as part of a regularly-scheduled deployment in the Indo-Asia-Pacific region.
The circumstances of the mishap are currently under investigation. There is no additional information available at this time. Media can contact III Marine Expeditionary Force public affairs at IIIMEFPAO@usmc.mil.
 
わずか数日前に米軍はタリスマンセーバーに記者団を迎え、「アジア太平洋におけるオスプレイの価値」を宣伝させたばかりだ。
 
しかし証明されたのは、欠陥輸送機オスプレイの異常なまでの事故率の高さだった。
 
ROCKHAMPTON, Australia — Five years after its arrival in the Indo-Asia-Pacific, the Bell-Boeing MV-22B Osprey tiltrotor is proving to be an integral part of operations for forward-deployed U.S. Marines in the region.

Defense News went on board the U.S. Navy helicopter assault ship Bonhomme Richard during the recently concluded exercise Talisman Saber in Australia, where the Osprey played a major role in supporting the 31st Marine Expeditionary Unit and other elements taking part in the exercise.

The Bonhomme Richard carried 12 Ospreys from the “Dragons” of Marine Medium Tiltrotor Squadron (VMM) 265 at the exercise, while the Marines of the 31st MEU were spread among the three ships of the Bonhomme Richard Amphibious Ready Group, made up of the amphibious dock landing ship Ashland and amphibious transport dock ship Green Bay.

 

 
A group of international reporters observe an MV-22B Osprey assigned to the “Dragons” of Marine Medium Tiltrotor Squadron 265 take off from the flight deck of the amphibious assault ship Bonhomme Richard during Talisman Saber 17 on July 20, 2017. (MC1 Elijah G. Leinaar/U.S. Navy)

 

According to VMM-265 pilot Capt. Charles Randolph, the Osprey’s main role at Talisman Saber was troop transport for ground assaults, operating either from the ships or as part of shore-based detachments. This included combined air assaults with U.S. Army and Australian helicopter assets also at the exercise, with the Osprey’s speed used to good effect to move troops around when conducting rapid flanking maneuvers on the ground.

Randolph praised the Australian forces with whom the Marines exercised, telling Defense News that “everything that we‘ve been doing with the Australians — extremely professional, they’re highly knowledgeable and very good at what they do.” The pilot also reveled in the vastness of the training areas available where the Ospreys “have lots of room to maneuver, and it lets us use the aircraft to maximize its capabilities” compared to the smaller and more restrictive training areas in Japan.

Another Pacific-based Marine Osprey squadron, VMM-268, currently has four aircraft assigned to the Marine Rotational Force — Darwin as part of the annual six-month, dry-season Marine rotation to northern Australia. The Ospreys left their base at Marine Corps Base Hawaii on April 19, 2017, and flew approximately 6,000 miles in about 21 hours, making scheduled stops at Wake Island and Guam.

That mission marked the first time ever the Osprey made a trans-Pacific flight, and it was achieved with support from Marine KC-130J Hercules tankers. According to Marine Corps Forces Pacific, self-deploying the Ospreys saved the Marine Corps the four to six weeks it would have taken to transport them using contracted shipping.

 

こんな殺人輸送機を一機セット200億で購入しようとする愚かな政府は日本しかいない。

 

日本はオスプレイから手をひけ !

 

f:id:ospreyfuanclub:20170806080450p:plain

宜野湾市で米軍ハンビーが当て逃げ、軍車両は「逃げられると見つからない」といわれるも、女性はあきらめず SNS に投稿した !

軽乗用車で家族と共にニトリに買い物に行くとき、

米軍のハンビーにぶつけられる。

 

ちなみに、ハンビー HMMWV、

高機動多用途装輪車両とは、こんな車両だ。

 

f:id:ospreyfuanclub:20170809192651j:plain

 

警察は、たいした助言もせず、米兵は運転が下手くそだから、とか言いながら事故処理し、呼ばれた軍の警察も、見つからない可能性が高い、などといったという。

 

そうだろうか。

 

軍内の記録をしらべればおのずとわかる。

基地から出て宜野湾市の国道を走っていたハンビー、

車両ナンバーは5243か5234で始まる。

 

それでもわからぬなら事故隠しているといわれても仕方がない。

 

女性はあきらめずに SNS に投稿した。

 

ある女性の投稿から。

 

昨日8月3日


pm 1時50分 宜野湾ジミー58号線沿い 南向け
私は宜野湾ニトリに行く途中ユータンしようと右折指示器を出し停車中に
軍車両ハマータイプ ベージュ色に追突されました。

 

追突しそのまま走行して行くので必死にクラクションを鳴らし、相手は一時停止一瞬私達を見てそのまま南向けに走行

 

パニックになり7桁のナンバーも5243.5234どちらか始まりの番号しか覚えていません。

 

ちょうどジミー前にカメラが沢山ついているので、ばっちり写っていると思いましたが、警察を呼び事情を話すと、あのカメラはダミーですと言われました。

 

「なんでアメリカ人の車のそばから歩かす?へたくそだよ、あれ達は!」


それ以上の助言もとくになく!事故処理をこなし去りました。

 

基地の警察も呼びましたが、見つからない可能性が高いと言われました。

 

いろんな方に相談しましたが、1回基地に入るとと見つからないことが100パー!

 

警察もなかなか基地には踏み込めない事情もあるのだと言われました。

 

諦めるしかない所まで来ていますが、拡散して頂き、目撃情報などがありましたら。直接私にDM頂けないでしょうか


よろしくお願いします。

 

軍車両に車をぶつけられ、逃げられたら、100パーセント見つけるのは無理だという事が事実です


大丈夫だった方は、追いかけた方達だそうです。

 

そんな事があっていーのでしょうか?

 

幸い無傷で怪我は無かったのですが、命あるだけありがたい事ですが、もし、これが大事故で、重症だったら?

 

私達は、どうなるの?と本当に怖い事だと思いました。

 

こんな事書きたくなかったのですが、こういう事実がなくなって欲しい思いで記載させて頂きました

 

決して差別ははしていません。


ご理解下さい。

 

画像に含まれている可能性があるもの:車

 

そして

これが今日 (8月9日) の朝刊の記事

 

米軍ハンビー 当て逃げ 軽自動車の女性けが 沖縄・宜野湾

琉球新報2017年08月09日10時12分

 3日午後1時50分ごろ、沖縄県宜野湾市大山の国道58号で、南向けから北向けにUターンしようとした軽自動車に、米軍のハンビー(HMMWV、高機動多用途装輪車両)とみられる車が接触し、逃走する事故があった。宜野湾署が、現場周辺の防犯カメラを探すなど車両の特定を進めている。

 軽自動車には、運転手の30代女性と親族の計3人が乗っていた。運転手の女性は、病院でむち打ちと診断された。自営業を営む女性はけがで仕事に支障も出ているという。

 

 宜野湾署は当て逃げ事件として捜査しているが、女性の診断書提出があればひき逃げ事件に切り替えて捜査する見込み

 女性によると、軽自動車は当時、米軍車両とみられる車2台に挟まれる形で走行していた。右折しようとした際、後方から来た車両が、軽自動車の左後部と接触。軽自動車のフレームに穴が開き、リアガラスにひびが入った。

 米軍車両とみられる車は事故後、道路上にとどまる軽自動車の前方で停止し、迷彩服を着た運転手が窓から顔を出して後方を見たが、そのまま南向けに走行していったという。

 女性は本紙取材に「事故当時は怖くて動けなかった。パニックでナンバープレートは(いくつかあるうちの)4桁ほどしか覚えていない」と話した。

 宜野湾署は「米軍へは協力を依頼し、捜査はきちんとやっている」とした。

 

宜野湾署は「米軍へは協力を依頼し、捜査はきちんとやっている」と。

 

いや、やってもらわなければならない。

 

ちゃんと捜査する。

それが警察のお仕事だ。

 

人命にかかわる事故、

しっかりと軍警察も捜査協力せよ !

 

米空軍嘉手納基地の米兵、女性客の顔面を拳で複数回殴る ! 容疑否認、飲酒検知にも応じず !

米空軍嘉手納基地の米兵

面識ない女性の顔面を拳で複数回殴る !

しかも容疑を否認し、

飲酒検知にも応じてない !

そもそもリバティー制度に違反だろ !

 

f:id:ospreyfuanclub:20170722132747p:plain

 

www.fnn-news.com: 沖縄で米兵が女性客殴...

沖縄で米兵が女性客殴り逮捕

21日未明、沖縄市の飲食店で、嘉手納基地に所属するアメリカ兵の男が、女性客の顔を殴ってけがをさせたとして、傷害の容疑で現行犯逮捕された。


逮捕されたのは、嘉手納基地所属のアメリカ空軍兵、テリル・トウン容疑者(21)。
トウン容疑者は、21日午前2時ごろ沖縄市中央にある飲食店のトイレで、26歳の女性客の顔面を殴り、左目あたりに打撲を負わせた疑いが持たれている。


女性の目が腫れているのを一緒に店に来ていた女性の友人が気づいて110番通報し、駆けつけた警察によって現行犯逮捕された。


トウン容疑者は調べに対し、「間違っています」と容疑を否認していて、警察の飲酒検知にも応じていないという。


事件の発生が午前2時ということで、トウン容疑者はアメリカ軍の一部の階級で深夜の外出や飲酒を制限するリバティー制度に違反している可能性もある。


女性とトウン容疑者は面識はないとみられていて、警察が事件をくわしく調べている。 (沖縄テレビ)

 

女性への傷害容疑で米兵を現行犯逮捕 沖縄、容疑否認 - 沖縄:朝日新聞デジタル

女性への傷害容疑で米兵を現行犯逮捕 沖縄、容疑否認

2017年7月21日13時25分

 沖縄県警は21日、女性の顔を殴ってけがをさせたとして、米空軍嘉手納基地所属の上等兵、テリル・デーモン・トウン容疑者(21)を傷害の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「事実が間違っている」と容疑を否認しているという。

 発表によると、トウン容疑者は21日午前2時ごろ、同県沖縄市中央2丁目の飲食店のトイレで、客として来ていた沖縄市の飲食店従業員の女性(26)の顔を拳で複数回殴り、けがをさせた疑いがある。トイレから戻った女性から話を聞いた友人が110番通報した。2人に面識はなく、たまたま店内で居合わせたとみられるという。

 

 

リバティー制度およびアルコール規制を改善

リバティー制度およびアルコール規制を改善

沖縄米軍沖縄地区調整官のケネス・グラック中将は、米軍関係者の責任ある行動と、私たちが住む地域社会との継続的で建設的な関係を強化するために、沖縄に駐留する四軍全ての兵士に新たな指示を制定しました。

下記の規定は沖縄全ての米軍基地と兵士に直ちに適応され、これらの方針の具体的な実施方法については、各部隊司令に発令されています。

  • 基地内でのアルコール販売は、毎晩午後10時から翌朝午前8時まで禁止とする。
  • 基地外でのアルコール購入と飲酒を禁止する。ただし基地外住宅での飲酒は可。
  • 飲酒後の基地および基地外住宅からの外出を禁止する。血中アルコール濃度0.03%以上の兵士は基地の外へ外出できない。

以上の規定は現行の方針に追加されるもので、更なる通知があるまで適応されます。

在日米軍司令部が発令している午後11時から翌朝午前5時までの外出禁止令は引き続き有効です。

大多数の米軍人、家族、米国民従業員は、法を遵守し高潔かつ礼儀正しい人々であることをこの方針は認識しています。

私たちはこの地域社会を支えるために、勤務中及び勤務外も模範となるプロフェッショナルとしての行動をとるように兵士を教育することに関し引き続きゆるぎない決意を持って臨みます。

 

 

嘉手納にて、地対空誘導弾パトリオット (を積んだ車両) が国道58号線を渋滞させる

占領下で米軍が基地のために作った国道58号線は、米軍基地のあいだをぬうように走る。だから狭く慢性的な渋滞に苦しむ。

 

しかも更にそのうえ、その狭い国道を、
米軍車両までわがもの顔で通るのだから、
こんなことにもなるというものだ。

 

実弾を装着した地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が
国道で立ち往生し、市民の生活を直撃する。

 

ブレーキ系統の不具合のため国道58号で停止した米軍車両。実弾を装着したPAC3を搭載していた=8日午前11時30分ごろ、嘉手納町水釜

ブレーキ系統の不具合のため国道58号で停止した米軍車両。実弾を装着したPAC3を搭載していた=8日午前11時30分ごろ、嘉手納町水釜

 

PAC3積んだ米軍車両に不具合 実弾を装着 沖縄の国道渋滞、白煙目撃も

PAC3積んだ米軍車両に不具合 実弾を装着 沖縄の国道渋滞、白煙目撃も | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

2017年7月9日 06:24

 

  沖縄県嘉手納町水釜の国道58号で8日午前11時ごろ、実弾を装着した地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を積んだ米陸軍車両がブレーキ系統の不具合のため停止した。北向け3車線の右側車線が午後0時40分ごろまで約1時間40分にわたって使えなくなり、付近は最大で約500メートル渋滞した。

 

 車両の前後と右側には、赤字に白抜きの「火」と書かれてプレートが掲示されていた。危険物の搭載を表示していたとみられる。午前11時すぎ、停止直後に車両を目撃した人によると、車両前方の右側から白い煙が上がっていた。

 

 嘉手納署の米軍側からの聞き取りによると、運転手はけん引する車両のブレーキの効きが悪くなったと判断して一度停止し、整備関係の部署の応援を求めた。別のけん引車両が到着してPAC3を移動させた。車両は米軍嘉手納基地内を出て、沖縄市白川の第3ゲートを目指していたという。

 

 

酒のにおいさせ運転、警察の飲酒検査を拒む嘉手納基地の米空軍上等兵。

まただよ (怒)

酒のにおいさせ運転、

しかも警察の飲酒検査を拒む嘉手納基地の米空軍上等兵。

 

飲酒検知を拒否、米空軍兵を逮捕 沖縄署 酒のにおいさせ運転 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 沖縄署は25日、飲酒検知の呼気検査を拒んだとして、米軍嘉手納基地所属の米空軍上等兵(22)を道交法違反(飲酒検知拒否)の疑いで現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前6時5分ごろ、北谷町美浜1丁目付近の道路で、巡回中の警察官がスピードを出していた車を停止させ、職務質問したところ、容疑者から酒のにおいがしたため呼気検査を求めたが拒んだ疑い。

 

もうすっかり綱紀粛正などともいわなくなった米軍は、

いったいどこまで野放図になるのか。

 

昨日も沖縄市で衝突事故があったばかりだが、事故を起こした海兵隊員はキャンプ・フォスターの海軍病院に搬送され、飲酒なのかドラッグなのか、はたまた単なる事故なのか、その詳しい状況はわからずじまいだ。

 

ospreyfuanclub.hatenadiary.com

 

 

ospreyfuanclub.hatenablog.com

左カーブで左側の電柱にぶつかる海兵隊員

海兵隊員男性が重傷 沖縄で電柱衝突の事故

 

米海兵隊員男性が重傷 沖縄で電柱衝突の事故 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 23日午後9時50分ごろ、沖縄市登川の市道で、在沖米海兵隊員の男性(23)が運転する普通乗用車が電柱に衝突する事故があった。沖縄署によると、男性は意識不明の状態で米軍キャンプ・フォスターの海軍病院に搬送された。その後の容体は明。助手席に乗っていた別の男性海兵隊員も搬送されたが、軽傷とみられるという。

 同署によると、午後9時54分ごろ、通行人から「Yナンバーの車が電柱に衝突している」と110番通報があった。現場は片側1車線の急な左カーブで、車は左側の電柱にぶつかったという。

米海兵隊の男がまた、酒気帯び運転容疑で逮捕 沖縄・名護署

キャンプ・シュワブ海兵隊

基準値二倍

米海兵隊の男、酒気帯び運転容疑で逮捕 沖縄・名護署 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 沖縄県警名護署は21日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、米軍キャンプ・シュワブ海兵隊伍長の男(25)を現行犯逮捕した。呼気から基準値の2倍弱のアルコールが検出された。「酒は飲んでいない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は21日午前5時50分ごろ、名護市大東の県道71号で酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑い。

 「Yナンバー車両の周りで人が騒いでいる」と目撃者から110番通報があり、発覚したという。