自衛官の性犯罪がとまらない

 

 

 

2019年7月1日 自衛官が高速バス車内で10代女子学生に痴漢か

自衛官20代の男 高速バス車内で痴漢の疑いで逮捕 - 社会 : 日刊スポーツ
[2019年7月1日19時39分]

大分県警玖珠署は1日、高速バス内で女子学生の体を触ったとして、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、同県由布市陸上自衛隊湯布院駐屯地に所属する3等陸曹、大城戸永吉容疑者(22)を逮捕した。

逮捕容疑は6月30日午後6時すぎ、大分自動車道下り線を走行中の福岡発由布院駅前行き高速バスの車内で、大分県内の10代女子学生の尻を、服の上から触った疑い。

玖珠署によると、女子学生が先に県内の停留所で降り、知人男性を通じて110番。署員が由布市内で大城戸容疑者を見つけた。駐屯地によると、容疑者は6月29日から休暇中で、福岡県への外出を申請していた。(共同)

 

2019年7月4日 中3女子に「いかがわしい行為」→ 停職3か月

当時中3の女子生徒といかがわしい行為…21歳男性自衛官に停職3か月の懲戒処分 北海道 - FNN.jpプライムオンライン

2019年7月4日 木曜 午後9:18

北海道留萌市内のカラオケ店などで当時中学3年の女子生徒にいかがわしい行為をしたとして、21歳の男性自衛官が停職3か月の懲戒処分となりました。

 懲戒処分を受けたのは陸上自衛隊・留萌駐屯地第26普通科連隊・陸士長の21歳の男性自衛官です。

 自衛隊などによりますとこの男性自衛官は2018年8月と9月、留萌市内のカラオケやコンビニエンスストアのトイレで、当時15歳の中学3年生の女子生徒にいかがわしい行為をしたとして逮捕され、その後罰金刑を受けました。女子中学生の家族とは示談が成立しているということです。

 男性自衛官は「2度と罪を犯さないように生活する」と話していて、陸上自衛隊は7月4日付けで停職3か月の懲戒処分としました。

 この男性自衛官は5日付けで依願退職しました。

 第26普通科連隊長は「この度の事案は本人の自覚の欠如によるもの。判明した事実に基づき厳正に対処した」とコメントしています。