再びだ ! 嘉手納基地で大量の泡 - これまでも有害発がん性物質を含む消火剤が大量流出しても、日本側に一切報告なし

f:id:ospreyfuanclub:20180504155357p:plain

米軍嘉手納基地内で風にあおられ舞い上がった消化剤とみられる白い泡=2018年5月4日午後0時20分ごろ。沖縄タイムス

 

まただ !

 

また嘉手納基地だ !

 

無責任米軍が何度も同じことをくりかえす。

 

そして説明はない。

 

 

嘉手納基地で大量の泡 消火剤か

琉球新報 2018年5月4日

【嘉手納】嘉手納町水釜近くの米軍嘉手納基地内で4日午後0時半頃、消火剤とみられる白い泡が大量に目撃された。

 目撃者によるとフェンスの約200メートル内側で、消火剤とみられる泡が確認された。風に吹かれて周辺に舞い上がっていたという。泡は正午頃から現れはじめ、米軍の作業員が回収するまで約2時間程度、確認できたという。

 泡は高さ5メートルにも達しているように見えたという。パトカー数台が出動し、交通規制が行われていた。

 炎などは確認されていない。基地内で何らかのトラブルがあり、消火剤がもれた可能性があるとみられる。【琉球新報電子版】

 

同じ事件は、2015年にも起こった。

 

ospreyfuanclub.hatenadiary.com 

同じ嘉手納である。

 

酒に酔った米兵が海兵隊員が悪戯で泡状の消火剤を噴霧。大量の消火剤の泡が隣接する民間地まで押し寄せた。しかも、無害だといっていた米軍は、その後、ジョン・ミッチェル氏の資料開示請求によって発がん性物質を含むことが分かった。

 

もちろん、それでも日本側に通告などしてはいない。

 

発がん性物質、基地外に流出 消火剤噴霧、通告せず 嘉手納

琉球新報

2016年2月11日

 

 昨年5月に米軍嘉手納基地の航空機格納庫で酒に酔った海兵隊員が悪ふざけして泡状の消火剤を噴霧するスイッチを入れ、消火剤が基地外の民間地まで流出していたことが分かった。米軍が当初無害と判断した消火剤はその後、発がん性物質を含むことが分かったが、日本側に通告していなかった。ジャーナリストのジョン・ミッチェル氏が米政府への情報公開請求で記録を入手した。

 

 事故は5月23日午前1時45分ごろに発生した。記録によると、米軍が民間地への流出を日本側に通報しなかったのは、夜間に起きたことのほか、雨で「泡は朝までに消散し、衆目に触れる可能性は非常に低かった」ためだとしている。

 

 流出した消火剤は「ジェットX2・75%」で、1500リットル以上。米政府の基準で有害とされ、がんや神経・生殖障害を引き起こす物質を含む。だが在日米軍基地に適用される「日米環境管理基準(JEGS)」で有毒な化学物質に含まれておらず、米側は有毒だと判明した後も地元に通報しなかったという。

 

入手資料によると同基地では過去15年で計2万1千リットルの消化剤が事故で流出している。

 

しかも、米国国内では有毒指定されている消火剤を使用し、いたずらに垂れ流し、日本側に報告しなかったのは、夜だったからとか、雨がふっていて、バレる可能性が非常に低かったからだ、と平気で語る在日米軍

 

駐留費の九割近くを日本国民の税金でまかなっているというのに、この態度。

 

どこまで日本は無知のまま利用されつづけるのか。

 

燃料・消火剤・汚水など漏出13件/米軍嘉手納基地 水源汚す/10年度以降

 ジャーナリストのジョン・ミッチェル氏が情報公開請求で入手した米軍資料では、10~14年に同基地で計206件漏出したとされており(11日付地元紙)、ほとんどが日本側に通報されていない可能性があります。

 米軍が泡消火剤に加え、航空機や部品などの洗浄剤や作動油にPFOSを使用している可能性も指摘されていますが、これらの用途への例外使用は国内法上認められていないことを確認しています。

 

 

追記】本土メディアが伝える続報

 

日テレニュース「周囲に影響なし」とは、どういう意味だったのか、理解すれば愕然とするだろう本土メディアのお花畑報道。

ospreyfuanclub.hatenablog.com