伊江島でのパラシュート降下訓練、2日連続で民間地に ~ それにもかかわらず「米軍すごい」広報ビデオに編集

f:id:ospreyfuanclub:20191108001121p:plain

 

 

嘉手納でも伊江島でも

両方でパラシュート降下訓練をおこなう。

 

伊江島で降下訓練できる状況でも

平気で嘉手納を使っているということが、これでよくわかるだろう。

 

ospreyfuanclub.hatenadiary.com

 

いままで米軍は、とりあえず

 

伊江島の天候が悪いときなど、(やむない場合として) 嘉手納を使うといってきたが、

 

まったく大嘘である。

 

昼間だろうが夜間だろうが、

伊江島だろうが嘉手納だろうが、

 

それが基地だろうが民間地だろうが、

眼下の県民の生活にはおかまいなしだ。 

 

【10月29日のマトメ】嘉手納基地でも伊江島でも、両方でパラシュート降下訓練。および、両方で危険な事故をおこしている。1日のうちだ。 - 在沖米軍基地事件簿

 

10月30日午後、伊江島でパラシュート降下訓練、再び民間地に着陸

 

これが今、沖縄で続いていることである。

 

基地負担軽減という言葉が飛び交うだけで、確実に、地元を裏切り続ける基地運営が増大している。

 

 

伊江村10月29日に続きアメリカがパラシュート降下訓練を実施し、アメリカ兵がまたも着陸予定地を外れ、民間地に降り立たことが分かりました。

 

伊江村によりますと、30日午後2時50分ごろ、伊江島補助飛行場の上空で訓練を行っていたアメリカ軍兵士1人が約1.5キロ離れた伊江島空港の滑走路脇に着地したということです。これまでのところ、けが人の情報は入っていません。

伊江島きょうもパラ訓 また民間地に – QAB NEWS Headline

 

にもかかわらず、

 

住宅地から 600メートルの民間地に着地するなどのとんでもない訓練をしておきながら、

 

宣伝用ビデオに編集。

 

DVIDS - Video - Para Ops training Ie Shima

 

DVIDS - Video - Recon Parachute Operations B-roll

 

もちろん、民間地に2日連続で着地していることなど一切言及もしない。

 

いったい利用するだけ利用し尽くす、この無神経で傲慢な基地運営に、なぜ日本の税金が使われなければならないのか。

 

建設、運営、維持、ほとんどの費用が我々の税金からまかなわれていることを、日本の国民はどれだけ知らされているのだろうか。

 

f:id:ospreyfuanclub:20191110175917p:plain