Base 嘉手納

過密運営の嘉手納基地でまたも緊急着陸

街のど真ん中に 米空軍の基地がある。 日々、恐ろしい騒音をまき散らし、夜間に上空からパラシュートを飛ばし、化学物質流出汚染にもなんらの対応をしない嘉手納基地が 金曜日の夜七時半でも、この緊急騒ぎである。 米軍機が嘉手納に緊急着陸 NHK 沖縄県のニ…

嘉手納基地所属の上等兵、国際通りを基準値4倍で飲酒運転 → 容疑否認 → 黙秘 - 飲酒運転が常習化している嘉手納基地

酒気帯び運転が常習化している 米空軍嘉手納基地。 思いやり三昧の日本の駐留で、なぜ千円の代行代金が払えないのか、代行やタクシーが格段に安い沖縄で、基準値4倍のアルコールでも、子どもたちや観光客でいっぱいの国際通りを運転して逮捕される。 そして…

北谷バイク衝突死亡事故 ① 軍属「ニコラス・クリステンソン容疑者」とは誰なのか - 混乱する第一報は何を意味する !?

沖縄・北谷町の交差点で死亡事故 米空軍属を逮捕 トランプ大統領の来日で 厳戒態勢の警備と伝えられるなか ここ沖縄では 連日、米軍関連事件が続いている。 連日の米軍関連事件続きでついに犠牲者が・・・ ニコラス・クリステンソンとは誰なのか 場所は? 嘉…

また嘉手納基地で飲酒運転逮捕 - いま嘉手納基地で何が起こっているのか

おかしいだろ、 米空軍嘉手納基地の連日の逮捕。 今回お伝えするのは、今朝の飲酒運転だが、多すぎてどれがどれだか、わからなくなるくらいだ。 昨日はこれ。 2/25 ospreyfuanclub.hatenadiary.com そして今日の未明にこれだ。 ペイデイ (給料日) になると米…

一日に逮捕者二人の米軍基地 - 嘉手納の空軍兵がバタフライナイフ所持、牧港の海兵隊員が飲酒運転

また嘉手納基地だ。 今度はバタフライナイフ所持で逮捕された。 こうしたバタフライナイフは料理用の包丁とは異なる、いわゆる gravity knife として、米国でも州にもよるが、州法で厳しく規制される殺傷能力のある武器の一つである。 WHAT TRICKS can you D…

嘉手納基地の異常 - またも北谷で酒気帯び運転、そして定番の容疑否認 - いつのまにか酔っ払い運転のエリートと化した米空軍嘉手納基地

米空軍兵 酒気帯び運転で逮捕 – QAB NEWS Headline ますます増える外来機 飛行制限協定違反の夜間や早朝の離発着、 有害物質の垂れ流し、人間の感覚受容量を超える騒音、 奇妙な言い訳を重ね市街地の頭上で行うパラシュート降下訓練、 そして崩壊したモラル…

嘉手納基地でパラシュート降下訓練強行のあきれた「言い訳」 - SACO 合意を守らない米軍は何らの罰則なしでやりたい放題、それが沖縄の「日常」だ

日米合意 SACO を守らない米軍に対して なんらの罰則もないのか。 土地だけではない 我々の税金を膨大に食らいながら 協定など知ったこっちゃないとやりたい放題。 そういうこと 知られていますか本土では。 またも、SACO 合意に違反し 人口密集地の嘉手納か…

嘉手納基地が崩壊している - 飲酒検知拒否する米兵をまったく制御できない米嘉手納基地に運営能力はあるのか

ますます悪くなるばかりだ。 アルコールが検知されても容疑を否認する、 つねに不誠実な在沖米軍兵士が、 さらなる堕落を続けている。 こんどは、 飲酒探知拒否だ。 ちょうど一週間前にも、 まったく同じ事件を起こしているから。 同じ嘉手納で 午前1時すぎ…

またしても嘉手納基地、今度は飲酒検知拒否の米兵が登場 - 米国よりも飲酒モラルのゆるい日本で、なぜ米兵が飲酒問題を起こすのか - 在日米軍の飲酒パラダイス

飲酒運転で捕まるたびに、 容疑否認するのが伝統芸の在沖米軍。 今度は検知拒否という大胆不敵な暴挙にでた。 いつも思うのだが、 在沖米軍は、自国の部隊に、日本の飲酒に関わる法や警察を敢然と無視し、容疑否認するよう教示しているのではないかとまで思…

また嘉手納で飲酒運転 - ところが逆に、「なぜリバティー制度 (緩和) が (地元に) 不安を与えているのか聞きたい」などと開き直る在沖米軍

また嘉手納だ ! 嘉手納基地の公害と犯罪の多さは尋常ではない。 リバティー (行動制限) 緩和から、 連続しておこる、殺人、脱走、飲酒運転の数々。 ospreyfuanclub.hatenadiary.com 今日もこれだ。 米空軍兵の男を逮捕 QAB NEWS Headline 2019年4月26日 4月2…

嘉手納の米空軍兵、飲酒運転で追突、基準値四倍のアルコール検出 - リバティー制限緩和以降たて続けにおこる在沖米軍事件

信じられるだろうか。 また飲酒運転で逮捕だ。 今度は嘉手納基地。 米軍はリバティー制度緩和し 米軍犯罪の新記録にでも挑戦しているのだろうか。 米空軍兵を酒気帯び運転で逮捕 NHK 沖縄県のニュース 04月21日 15時00分 21日午前、沖縄市でアメリカ軍嘉手…

女性殺害事件、脱走と国外逃亡、そして今度は嘉手納基地の空軍兵が酒気帯び追突事故 ! - この数日に在沖米軍がおこした犯罪

女性殺害事件、 脱走と国外逃亡、 そして酒気帯び運転で追突事故。 この数日で、 県がリバティー制度や米軍の管理体制に厳しく抗議しているさなかも、これだ。 空軍兵士を酒気帯び容疑で逮捕 NHK 沖縄県のニュース 04月17日 11時49分 17日朝早く、北谷町の…

殺人事件の次は脱走兵 - 嘉手納基地の米空軍兵、8日間も所在不明のまま、県民に伝えず - すでに国外逃亡 !? どうやって怒 !?

殺人の次は、 脱走だ。 つい3日前に海兵隊所属の海軍兵による女性殺害事件があったばかりだというのに、 ospreyfuanclub.hatenadiary.com しかも、 今度は嘉手納で米空軍兵が脱走。 嘉手納基地の空軍兵が脱走か NHK 沖縄県のニュース 04月16日 18時02分 ア…

嘉手納基地の異常 1日のうちに3機が相次ぎ緊急着陸、3日前にも2機連続で緊急着陸のF15と同機体

「F-15戦闘機緊急着陸 3日前と同じ機体」RBC どうみても異常である。 一週間で計7機の緊急着陸。 3月27日 また、普天間オスプレイ緊急着陸、沖永良部空港で 3月29日 嘉手納で2機続く緊急着陸、しかも2機目は緊急着陸にも失敗 4月1日 普天間オスプ…

嘉手納でつづいている恐怖の過密運営 - またも2機続く緊急着陸、しかも2機目は緊急着陸にも失敗

何度声を上げれば この嘉手納でおこっている異常な負担増加に耳を傾けてくれるのか。 米軍の嘉手納でつづいている 米軍機、恐怖の過密運営。 今日、またも2機続く緊急着陸、しかも2機目は緊急着陸にも失敗。 F15が緊急着陸、1度失敗し滑走路が一時閉鎖 米…

米軍嘉手納基地の禍 (わざわい)、騒音、悪臭、水質汚染 - それでも「人体に影響ない」発言の沖縄防衛局長は沖縄に必要ない

ますます外来機であふれかえり 地獄の様相をなす嘉手納基地。 駐機場の拡張工事まで始めて 本土の横田オスプレイから、 フランス海軍の哨戒機まで。 北朝鮮の瀬取防止で、 北朝鮮の海域から最も遠い沖縄に、 またさらに遙かに遠いフランスから仏海軍の哨戒機…

嘉手納に飛来の三沢基地所属のF16戦闘機1機が緊急着陸、自走できず - 湖にタンクを投棄したり、民間の青森空港に緊急着陸したりの三沢F16、その根本的問題は !?

旧式部品が出火原因 米軍F16のタンク投棄 - 産経ニュース いいかげんな管理のまま運用される米軍の戦闘機。小川原湖に燃料タンクを投棄した三沢基地F16、エンジン出火原因は、旧部品の取り付けだった。 米軍三沢基地(青森県三沢市)のF16戦闘機が…

これが米空軍、嘉手納の一日 - 米軍はいろんな理由をつけて居座り続ける

2019おきなわマラソン209 嘉手納の現実。 22日の嘉手納基地 たった一日のニュースだけでも、 これだけある。 ❶ 嘉手納で降下訓練強行、常態化 ❷ いろんな言い訳を作っては、延々と居座り続ける米軍 ➌ 膨張する嘉手納、騒音地獄は拡大を続ける ! ➍ それでも…

二日連続で夜間に響く不気味なサイレン、繰り返す離発着、そしてやっぱり横田基地 (東京) オスプレイまで沖縄で「暫定配備」

我慢できるだろうか、 二日連続で夜遅くまで (九時半まで) 不気味なサイレンをならし、轟音をたてて離発着を繰りかえす米軍機。 なぜサイレンまで鳴らす必要があるのか、 嫌がらせなのか、これは。 ぜひ動画で聞いてほしい ⇩ youtu.be ともかく、 話は、ここ…

在韓米軍所属の U2 偵察機が嘉手納基地で落下物、大学入試時の戦闘機騒音 100デジベル超 x7回 !  - 報道に文句は言う沖縄防衛局がまったくの役立たず、百害あって一利なし !

異常だ !!! 沖縄に軍用機が集結。 すべての負担を押しつけてくる。 昨日、 4機のオスプレイ CV22 が 突如、嘉手納基地に飛来した。 ospreyfuanclub.hatenablog.com 地元へ何らの連絡もなく、なにやら、第18航空団司令官ケース・カニングハム准将は「嘉手納…

嘉手納基地・米軍属41歳が19歳の少年と共謀し麻薬密輸 - 米軍関係者犯罪起訴率 約15.8 % の米軍犯罪安楽国

米軍関係者犯罪不起訴率8割超えの国。 41歳の嘉手納基地の軍属が、未成年の少年と一緒になって麻薬の密輸や栽培をしていた。 そして逮捕起訴された。 琉球朝日放送 報道制作部 Qプラス 米軍属の男と知人の少年 麻薬密輸で逮捕 2019年1月30日 11時58分 201…

また嘉手納の飲酒運転、そしてお決まりの容疑否認 - つい3年前まで酒気帯びは免停半日だった嘉手納基地が変わらないわけ

米兵の男が酒気帯び運転で現行犯逮捕 先ほど、 深夜の普天間基地の蛮行、ピットトレーニングという名の環境的人種差別をお伝えしたばかりだというのに、 ospreyfuanclub.hatenadiary.com 翌日は お隣の嘉手納基地だ。 なぜ嘉手納基地はこうなのか、 異常すぎ…

米軍がまた嘉手納で降下訓練 - SACO 合意など米軍は守りはしない。ただ辺野古基地建設の口実として利用しているだけ

フェンスの向き具合を見ると向こうに見える住宅地は民間の住宅地だとおもわれる。市街地のただ中でなぜ米軍はわざわざパラシュート降下訓練をくりかえすのか。 また、 やりだしましたよ。 米軍が 人口密集地のど真ん中でパラシュート降下訓練。 例えば、 皇…

嘉手納で正面衝突の危機、一つの滑走路で連続して2機の F15 が緊急着陸、そのうちの一機が北谷沖で火炎弾を投下か、しかも照会に応じない米軍

また嘉手納の F15だ。 どれだけ緊急着陸をくりかしてきたか。 昨年6月には墜落事故も。 しかも前代未聞。 2機連続した緊急着陸で、 正面衝突しかねないところだった。 どれほど嘉手納が日々危険と隣り合わせの基地運営をしているかということだ。 米軍機…

今週連続でトラブル続きの在日米軍基地、一週間に3機もの緊急着陸、フレア発射、落下物事故 - しかしそこでくっきりと浮かび上がる、本土と沖縄との米軍事故対応の違いとは

青森空港に米軍F16緊急着陸 米空軍関連メディアも伝える、在日米軍戦闘機のトラブルの多さ。 今週連続で3機の緊急着陸、フレア発射、落下物事故。 しかし、 事件を見ていくと、そこでくっきりと浮かび上がってくるのが、本土と沖縄とでの米軍事故対応のあま…

新春から酒気帯び運転逮捕 嘉手納所属の空軍兵が酒気帯びで逮捕されるも、例のごとく一部容疑否認

新春から またも酒気帯び運転「の疑い」の謎。 在沖米軍の米兵が飲酒して捕まると、ほぼみんな容疑を否認する。 飲んで沖縄の警察に捕まったとしても、容疑を否認するように軍内で教育指導を受けているとしか思えない。どれだけ誠実な態度だろうか。 今回の…

嘉手納基地の空軍兵が銃を所持したまま脱走、読谷村の民間住宅地周辺で逮捕されるが、防衛局にも自治体にも連絡なし - 県民の安全より米軍基地、「沖縄セメント」に入りびたりの防衛局

嘉手納基地から ベレッタを所持したままの脱走兵が、リゾートホテルが並ぶ残波岬、読谷村宇座の住宅地周辺で逮捕された。 脱走兵が所持していたベレッタ・モデル92。イタリアのベレッタ社が設計した自動拳銃 (semi-automatic guns) 。アメリカ軍はM9の名称で…